iPhone(アイフォン)修理のiFC
ifc本部フリーダイヤル

修理メニュー

ガラス割れ修理

ガラス割れ修理

iPhoneの修理、故障で一番多いのがガラス割れです。
ディスプレイ画面の表面部分のガラスが衝撃を受けて割れてしまったり、ヒビが入って破損している状態です。
画面のガラスが割たままでもタッチ操作ができる場合が多く、ガラスが割れてしまってもそのまま使用している方もいらっしゃるのでは無いでしょうか。

液晶パネル修理

液晶パネル修理

液晶画面が真っ暗になってしまったり、見慣れない線が入っている、タッチが効かない場合は液晶故障の可能性が有ります。
画面にノイズが出てしまったり、ちらついてしまったり、画面が真っ白になってしまうケースもあります。
ガラス割れのiPhoneを使用し続け故障に至る事もあります。

バッテリー交換

バッテリー交換

バッテリーの減りが早くなり使用にストレスを感じられる場合は、バッテリーの劣化が原因です。
バッテリーは消耗品の為、綺麗に使用していても必ず経年での劣化は避ける事が出来ません。
使用状況によりますが、おおよそ2年程度で経年劣化してしまう方が多いです。
尚、充電が出来ない場合は充電コネクタが故障している可能性もあります。

水没修理・復旧

水没修理

iPhoneは水に弱く、洗面所や雨等、生活の中にiphoneが水没してしまう危険性は沢山有ります。
水没は時間との勝負です。水没してしまってから早い段階で修理に出して頂ければ復旧する確率は高くなります。
水没してしまってから放置してしまうとiphone内部で錆や腐食が進行してしまい修理が困難になってしまいます。

ホームボタン

ホームボタン修理

一番多く押す機会があるホームボタン。
全く反応が無いケースはあまりありませんが。ホームボタンの効きが悪い、何回か押さないと反応が無い場合は、
ホームボタンの接触不良が考えられます。また、強く押してしまい陥没してしまったり、衝撃によりボタンが壊れてしまう事もあります。


充電コネクタ修理

充電コネクタ修理

充電が出来ない、PCに繋いでも反応が無い時は充電コネクタ故障の疑いがります。
充電ケーブルを強く指してしまったり、角度をつけて指してしまったことによる物理的破損や、
多少の水分でショートしてしまうケースが多いです。
充電が出来ない場合は、バッテリー故障が原因の場合もあります。