iPhone(アイフォン)修理のiFC
ifc本部フリーダイヤル

バッテリ不良とはどんな状態?

バッテリーが何らかの事由により出力が下がり、動作時間が著しく短い、若しくは全く電源がつかないような状態を言います。
主に経年劣化でなってしまうケースや、結露や水没、衝撃による物理破損が主な原因となります。

 

どの程度でバッテリは交換?

使用頻度や環境によって幅はありますが、おおよそ1~3年が寿命と言われています。
特に、最近はバッテリー消耗の激しいゲーム等をする方が増えているので、バッテリーの寿命は短くなる傾向にあります。
早い方だと、購入してから1年程度でバッテリーが寿命を迎えてしまうことも!

 

バッテリの消耗を抑える対策はある?

バッテリーサイクル(充電、放電の回数)を、少なくさせることが最も効果的です。
短時間で大量の電力を消耗するゲームなどで遊んでいると、必然的に充電をする回数は増えていきます。これが、バッテリー寿命の低下につながります。
また、ゲーム中の継ぎ足し充電等も、バッテリーを傷めるのでご法度です。

 

修理に掛かる時間は?

基盤等に問題がなければ、平均1時間程度となります。
店頭の混雑状況、在庫状況によって変動することもございますので、お気軽にお問合せ下さいませ。

 

iFCはどんなパーツを使っているの?

iFCでは、iFCオリジナルのバッテリーを使用しています。当社独自の厳重なチェック体制のもと、品質の高いものを選出して使用しておりますので、安心してお使い戴けます。

 

 

アップルで修理すると?(メリット、デメリット)

メリット  保証期間内であれば安価、もしくは無料で交換になります。
デメリット 基本交換なので、時間がかかり
      データ移行は自分で行わなくてはなりません
      また、保証期間外だと高額になります。
      アップルストアや正規代理店が少ない

キャリア独自の保証は?

 ・docomo ケータイ補償サービス for iPhone & iPad
      月額料金 600円
サービス利用料金 7,500円※1年間に2回まで
補償範囲 水濡れ・全損・紛失・盗難・破損・故障・購入から1年を超えた自然故障
     (新品との交換となるので、バッテリー不良も含む。)
     (※購入から1年以内の自然故障の場合はメーカー保証による修理サービスのご利用となる)
 
 ・au   AppleCare+
     月額 初回:1,000円、2~24回目:600円(Apple Storeで購入の場合は12,800円の一括払いのみ)
     ・iPhone本体、付属品(バッテリー、イヤフォンなど)の製品保証が2年間に延長される。
     (未加入の場合、iPhoneの購入日から1年間となる。)
     ・ソフトウェアの無償電話サポート期間が2年間に延長される。


 ・SoftBank あんしん保証パック(i)プラス
       ・月額 650円
       ・保障範囲 修理代金の90%を通信費用から割引またはソフトバンクカードの「プリペイドバリュー」へ一括還元。

iFCの保証は?

 修理箇所に関して、3カ月、1回のみ保証。
 水没反応がある機種の修理は修理後の保障は不可となります。