iPhone(アイフォン)修理のiFC
ifc本部フリーダイヤル

ホームボタン故障はどんな状態?

iphone7からは、ホームボタンが物理的なものではなくなり感圧式のホームボタンへと変更になりました。
押し込むことができないのですが、触ってみるとクリックしたような感覚になります。
今までのiphoneのように押し込むたびに異音がしたりするような故障はなくなりましたが、
静電容量方式を使っているらしいので、手袋では反応せず対応したものが必要になったりしています。
しかし、物理的な故障は少なくなっているといえるでしょう。これは防水のためでもあると言われています。

 

ホームボタン故障に陥るケースは?

ホームボタンの故障は、

○ソフトウェア内部の問題

○落下などの衝撃

○水没

などが考えられます。ハードウェアやセンサー回路の不具合によって反応しなくなることがあったり、
度重なるiphoneの落下で内部にまで損傷が達した場合や、水没等でも故障の原因となってしまうでしょう。

 

ホームボタン故障にならない対策はある?

ホームボタンを極力使わない方法として、「Assistive Touch」を使用するという方法があります。
ホームボタンの代わりとなるボタンを画面に表示させるというもので、
iphoneの「設定」→「一般」→「Assistive Touch」をオンにします。
そうすると、画面に白い丸が現れます。そのボタンがホームボタンの代わりになり、
ほぼ同様の機能を使うことができます。もちろん好きな位置に移動することもできます。

iphone7になってからは、ホームボタンの故障を内部で感知すると
自然とAssistive Touchが表示されるようになりました。
感圧式へと変わったことにより実現できたものとなっているのでしょう。

 

iPhone7のホームボタン修理について

iPhone7のホームボタンは交換しても動作しません。

ホームボタンが故障してしまった場合はApple Storeへご相談下さい。