iPhone(アイフォン)修理のiFC
ifc本部フリーダイヤル

ホームボタン故障はどんな状態?

主に、押しても反応しない・反応が悪い、また落下によるホームボタン自体の破損。

 

ホームボタン故障に陥るケースは?

使用頻度が高いホームボタンは、押したときにできる隙間からホコリや手の油脂がつまり
強く押さないと効かなくなったりします。
また落下などによる衝撃で中のケーブルに何かしらの損傷があった場合も接触不良につながります。

 

ホームボタン故障にならない対策はある?

AssistiveTouchを活用して、ホームボタンを極力使わないようにしましょう。
ホームボタンを押さなくても、この機能を使うことによって同じ操作ができます。

 

修理に掛かる時間は?

約40分です。

 

アップルで修理すると?(メリット、デメリット)

メリット
購入から1年以内の自然故障であれば無償交換してくれます。
その後もアップルのサポートを受けられます。

デメリット
事前にバックアップをとる必要があります。
在庫状況によっては何週間もかかるケースがあります。
保証に入ってない場合高額な修理費と、長い待ち時間があります。

 

キャリア独自の保証は?

ドコモの「ケータイ補償サービス」は1年に最大2回、以下のサービス料金で本体交換ができます。
11.000円(iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus)、7.500円(その他iPhone機種)

auの「iPhone修理代金サポート」では、最大1万円×2回の修理代金をサポートしてくれます。

ソフトバンクの「あんしん保証パック(i)プラス」では、修理代金の8割を月々の利用料金から割引してくれます。

 

iFCの保証は?

修理・交換したパーツに対して3か月間の保証書を発行し、修理後もサポートします。
※但し初期不良に限り1回のみです。