iPhone(アイフォン)修理のiFC
ifc本部フリーダイヤル

ライトニングコネクタ故障はどんな状態?

充電ケーブルを挿しても反応がない・何度か調整しないと反応しない

 

ライトニングコネクタ故障に陥るケースは?

まず故障の前にホコリなどが詰まっていて接触不良を起こしているケースがあります。
純正のケーブルではないものを使用すると稀に金色の8本のピンが変色したり、欠落して故障の原因になります。

 

ライトニングコネクタ故障にならない様に対策はある?

こまめに掃除し、純正のケーブルを使うようにしましょう。
なるべくコネクタに負荷がかからないよう、充電しながらの使用も控えたほうが良いです。

 

修理に掛かる時間は?

約40分です。

 

アップルで修理すると?(メリット、デメリット)

メリット
購入から1年以内の自然故障であれば無償交換してくれます。
その後もアップルのサポートを受けられます。

デメリット
事前にバックアップをとる必要があります。
在庫状況によっては何週間もかかるケースがあります。
保証に入ってない場合高額な修理費と、長い待ち時間があります。

 

キャリア独自の保証は?

ドコモの「ケータイ補償サービス」は1年に最大2回、以下のサービス料金で本体交換ができます。
11.000円(iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus)、7.500円(その他iPhone機種)

auの「iPhone修理代金サポート」では、最大1万円×2回の修理代金をサポートしてくれます。

ソフトバンクの「あんしん保証パック(i)プラス」では、修理代金の8割を月々の利用料金から割引してくれます。

 

iFCの保証は?

修理・交換したパーツに対して3か月間の保証書を発行し、修理後もサポートします。
※但し初期不良に限り1回のみです。