iPhone(アイフォン)修理のiFC
ifc本部フリーダイヤル

水没してしまうケースは

 一番多いケースはトイレでの水没です。
次いでお風呂、洗面台、シンク、季節によっては海や川、湖などとなります。

 

水没を防ぐ対策はある?

 全てのケースで言える事は、水気のある場所に持ち込まない事。
あと、ありがちなのがジップロックに入れてお風呂への持ち込みです。
ビニールが破けて結局水没となり、修理に持ち込む方が多いです。

 

水没してしまったら個人で出来る事は?

 電源がまだ入っている様でしたら、まずは電源を切る。
その後、絶対に電源を入れない。
そしてSIMカードを抜き水気を取り除いたらティッシュ等に包み大切に保管。
なるべく早目に修理屋へ持ち込んでください。

 

修理に掛かる時間は?

 一度、分解し薬品洗浄してから完全に水分を飛ばす作業を行うので、2時間~3時間はいただいてます。

 

アップルで修理すると?(メリット、デメリット)

 Appleでの修理は本体丸ごと交換なので、、、
メリットは水没機をそのまま使う事がないので後々のあり得る水没による故障等のストレスから完全に解放されます。
デメリットは、データのバックアップを取っていないと、データとサヨナラする事になり、大事な写真や記録は二度と手元に返ってきません...。