iPhone(アイフォン)修理のiFC
ifc本部フリーダイヤル

水没してしまうケースは?

海やプールといったサマーバケーション特有の原因や、洗濯機やトイレでの失敗はもちろんのこと、真冬に起きやすい結露も水没原因のひとつ!
雨や漏水等、年中起きる可能性のあるハプニングも。
水没の恐怖はすぐ近くに潜んでいます。

 

水没を防ぐ対策はある?

まずは「常に持ち歩かないこと」!お風呂やプールではどれだけ対策を施しても水没する可能性が非常に高く危険です!
他にも洗濯をする前に衣服を確認することなど、日常生活で少し気を付けるだけで防げる水没もあります。

 

水没してしまったら個人で出来る事は?

○「電源」は決して入れないでください!
電源を入れてしまうと、付着した水分を伝って電気が流れ、

iphoneに取り返しのつかないダメージを与えてしまうことに繋がります。
水没してしまった後に「電源はつくかな?」というお気持ちはわかりますが、そこで電源を入れるか入れないかで、

修理可否に直結します!

○簡単に乾燥させる
手段はたくさんありますが、乾燥剤とiphoneをジップロックに入れておいたり、ドライヤーで乾かす、米びつに入れておくなどが代表としてあげられます。
ご家庭で簡単にできる処置ですが、このファーストエイドが肝心です。

 

修理に掛かる時間は?

水没修理ともなると、お時間も症状によって変わってきます。
最短で即日(3時間程度)となりますが、部品の交換や基盤の修理も必要となってくる場合には、日を跨ぐ可能性があります。詳細は、店舗スタッフにお問合せくださいませ。

 

アップルで修理すると?(メリット、デメリット)

Appleの場合、水没修理で預けるとほとんどの場合は本体交換となります(一部例外もあります)。
かなり費用は嵩みますが、本体交換となればほぼ新品のような状態となって帰ってきますので、これから使用していくのにも問題はないでしょう。
しかし、Apple Care Plusに加入していない場合は、3万円以上もかかり、且つデータは戻ってきません。
これは、バックアップを取っていないユーザーにとっては致命的な問題になることでしょう。

 

キャリア独自の保証は?

SoftbankやDocomo、au等のキャリアには、キャリア独自の保証(安心パックなど)が存在します。
保証の方法は様々ですが、大体は「修理代金の全額又は一部をキャリア側が負担する」という内容のものです。
しかし、現金で負担されるワケではなく、大抵はポイントでのバック若しくは修理代金の保証金額分を、月々の利用料から割引といったような手法がとられる為、修理するその時は、実費でかかってしまいます。
尚、当店の修理でその保証が利用できるかどうかは、当店ではわかりかねますので、ご利用のキャリアショップへご相談下さいませ。

 

iFCの保証は?

バッテリー交換以外につきましては、パーツ自体に3カ月の保証がついていますので、初期不良等があっても安心です。
尚、修理前に確認ができない場合や、パーツや修理に起因しないその他の不具合である場合には、保証がご利用できないケースもございます。予め、スタッフにお問合せ下さいませ。