iPhone(アイフォン)修理のiFC
ifc本部フリーダイヤル

水没してしまうケースは?

多くはポッケに入れたのを忘れたままにして起こるケースです。ズボンの後ろに入れていてトイレに落としてしまう、
洋服と一緒に洗ってしまうなど。
またかばんやポッケに入れていても雨の量によっては水没してしまうこともあります。

 

水没を防ぐ対策はある?

まず水がある場所の近くには持って行かないこと。
日頃から防水仕様のケースに入れるのも良いです。特に海水浴などに出かける際は十分注意しましょう。

 

水没してしまったら個人で出来る事は?

1.素早く周りの水分をふき取り、通電はしないでください。
つい使えるかどうか気になって電源を入れてしまいがちですが、この行為が命取りになります。
2.SIMカードを抜き、少しでも換気できるようにします。
3.乾燥させる
すぐに修理店へ持って行けない場合は、風通しの良いところで乾燥させてください。

 

修理に掛かる時間は?

水没の具合にもよりますが約2時間です。
分解して、徹底した水分除去を行います。

 

アップルで修理すると?(メリット、デメリット)

メリット
「AppleCare+」にご加入の場合、水没時も保証対象です。以下のサービス料金で本体交換ができます。
11.800円(iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus)、7.800円(その他iPhone機種)

デメリット
本体交換になるので、事前にバックアップをとっていないとデータは一生戻りません。
また保証に入ってない場合は、修理費用はとても高額になり、
基本的にアップルストアは予約でいっぱい、正規店も相当な待ち時間がかかります。

 

キャリア独自の保証は?

ドコモの「ケータイ補償サービス」は1年に最大2回、以下のサービス料金で本体交換ができます。
11.000円(iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus)、7.500円(その他iPhone機種)

auの「iPhone修理代金サポート」では、最大1万円×2回の修理代金をサポートしてくれます。

ソフトバンクの「あんしん保証パック(i)プラス」では、修理代金の8割を月々の利用料金から割引してくれます。

 

iFCの保証は?

水没した端末に関しては、修理後保証はいたしません。