iPhone修理のifc
総務省登録修理業者

そもそも修理とは?

 | 

いつもありがとうございます!ifc武蔵小金井店です( ´ ▽ ` )ノ

最近気温が落ち着いてきたなぁと思った矢先に本日は暑かった…なんとまぁ疲れる気温

そんなこんなで今日のお話はといいますと…そもそもiPhoneの修理ってどんな事するの?データはどうなるの?

さてまずiPhoneの修理で一番多いのはガラス割れです。当店でも30~40分程度で修理できます。これどんな事してるのかと言いますとパーツの交換をしてるのです。

iPhoneの画面はだいたい*表面のガラス*液晶*バックライト*フロントカメラ(インカメラ)がくっついてます。

部品で分けると*(表面のガラス、液晶、バックライト)*(フロントカメラ)という括りになります、なのでガラスが割れても、液晶が映らなくても、画面の明るさがおかしくてもまるまる交換になるのです。このとき、インカメラは別のパーツなのでそのまま新しい画面に移植します。

どんなにわれが浅くても欠けていても修理は同じことをします。

 

次にバッテリー交換ですが、こちらも同様バッテリーというパーツを交換するのです。特にいろいろ分解してなどではないです。

そして頻繁に問い合わせがあるのが「データはどうなるの?」です。

画面を交換してもバッテリーを交換してもカメラを直しても、データは無くなりません!!!!!!

ただし、万が一ということでデータのバックアップを予め推奨しております。精密機器ですのでどうなるかの保証はできませんですから、個人でバックアップをお願いしております。

 

データが入っているのは”基盤”と言われる大事な部分であり、コレがiPhoneといっても過言ではないです。基盤がなければiPhoneは動きません、基盤が画面やカメラを制御しているのです。いわば人間の脳みそです。パーツ交換時には基盤に接続されているパーツを抜いて挿すのでデータにはなにもないのです。

 

そしてバゥクアップは修理に関係なく普段から取っておきましょう。ある程度の故障であれば即日で修理可能ですが水没などになると今後一生起動しなくなる可能性もありますので…いつ買い替えても良いようにバックアップしておきましょう。