iPhone修理のifc
総務省登録修理業者

iPhone 8 修理

データはそのまま、修理はその日のうちに。

長期間の使用によってバッテリーが消耗して電力の減少が早く感じられるような場合や、端末を落として画面が割れたことによって操作が出来なくなった際はifcに修理をお任せください。お客様のデータには触れずに、お持込みいただいたその日のうちに修理・お渡しが可能です。最寄りの店舗までお気軽にご相談ください。


iPhone 8 修理項目

画面割れ修理

衝撃によって画面割れが発生すると操作ができなくなったり液晶表示に異常が発生したりすることがあります。修理では液晶パネルの交換が必要となります。

修理内容を見る→

バッテリー交換・修理

バッテリーは長期間の使用に伴って性能が劣化していき、連続稼動時間も短くなります。普段よりも電力の消耗が早く感じるようになった際はバッテリーの交換が必要です。その他、本体が熱くなったり、バッテリーの膨張によって液晶画面が外れるケースも確認されています。

修理内容を見る→

電源ボタン修理

ボタンの部品内部に破損が発生して動作しなくなる場合と、本体形状の湾曲によってボタンの動作を阻害する場合があります。部品の交換によって修理を行いますが、故障の状況によっては電源ボタン周辺のフレームを調整します。

修理内容を見る→

充電コネクタ修理

充電コネクタは接触不良や端子の磨耗などによって、接続したケーブルの認識が行われないことがあります。基本的には新しい充電コネクタとの交換が必要になりますが、内部の清掃によって症状が改善することもあります。

修理内容を見る→

スピーカー修理

電話の際に使用するイヤースピーカーとアプリや動画、音楽などで使用するラウドスピーカーの2種類があります。故障の原因としては、衝撃によってスピーカー内部に破損が起きる、コードが断線して信号の伝達を阻害する、といったケースが挙げられます。

修理内容を見る→

カメラ修理

液晶パネル内部に取り付けられたフロントカメラと、背面上部のリアカメラの2種類があります。リアカメラの保護カバーが割れたり、カメラ内部の破損やコードの接触不良が発生した場合はカメラの機能が利用できなくなることがあります。

修理内容を見る→

水没修理

水没による故障は、基板に付着した水分が異常な電流を生み出すことによって起きます。部品が故障するとデータや機能が消失する恐れもあります。ifcの水没修理ではデータが取り出せる状態まで端末を復旧します。なるべく早く修理すれば復旧できる可能性も高くなりますので、万が一端末が水没した際はぜひ修理をご検討ください。

修理内容を見る→

その他/修理箇所不明

その他の修理や、故障箇所が分からない場合は最寄りの店舗にお問合せください。※修理価格は端末を拝見してからお見積もりとなります。

お急ぎの方も、さらに詳しく知りたい方も。