iPhone修理のifc
総務省登録修理業者

iPhone 6 修理

データはそのまま、修理はその日のうちに。

端末の使用を続けているとバッテリーが劣化・消耗することがあります。また、ふとしたトラブルで画面がひび割れて操作できなくなることがあります。ifcではお客様に端末をお持ちいただいたその日のうちに修理・お渡しが可能です。また、端末のデータに触れることはありませんので、データをそのまま使いたい場合でも安心です。(万が一の場合に備えて事前のバックアップをオススメしております)


iPhone 6 修理項目

画面割れ修理

アイフォンの大型ディスプレイは落下などの衝撃に弱く、ひび割れや液晶表示部分に異常が起きる場合があります。端末を手に持ったまま歩いたり、胸ポケットに入れたままにしておくと落下を招きやすく危険です。画面を破損した場合は新しい液晶パネルと交換することによって修理を行います。

修理内容を見る→

バッテリー交換・修理

バッテリーの性能は充電と放電を繰り返すと徐々に低下していきます。さらに、バッテリー残量が100%、あるいは0%に近い状態を維持し続けることも寿命を減らす原因と言われています。バッテリーの無駄な消耗を減らせば端末を長く使い続けることも可能でしょう。もし普段の消耗が気になるようであれば新しいものに交換することをオススメします。

修理内容を見る→

ホームボタン修理

ホームボタンは各画面の切り替えやホーム画面へ戻るために頻繁に利用することもあり、他の部品に比べても壊れやすいパーツです。可動部分の劣化によってボタンの押下ができなくなったり、Touch IDによる指紋の認識ができなくなった場合はボタンパーツの交換やコードの接触不良を修理します。

修理内容を見る→

電源ボタン修理

電源ボタンは端末の電源を切り替えたり、スリープモードへ移行する際に使います。主な故障原因はボタンの経年劣化による信号伝達の不備、落下衝撃によってフレームの形状が変化するボタン押下不能の二つが挙げられます。ボタンの交換やフレーム形状の修正によって修理を行います。

修理内容を見る→

充電コネクタ修理

iPhone 7以降、イヤホンジャックが廃止されて充電コネクタと統合されました。差し込んだケーブルが認識されない、外部接続装置の認識が中断される、といった場合はコネクタの清掃や部品の交換によって修理を行います。

修理内容を見る→

スピーカー修理

液晶パネル上部に接続されたイヤースピーカーは落下によってパーツが破損したり、ケーブルの接触不良が起きたりする場合があります。また、本体下部のラウドスピーカーは独立した部品が接続されており、衝撃によって本体に大きな損傷が及んだ場合に故障するケースがあります。

修理内容を見る→

カメラ修理

iPhoneにはフロントカメラ、リアカメラの2種類が搭載されています。カメラのピントが合わない、撮影ができない、レンズが割れている、といった場合はカメラ部品やレンズの交換を行います。フロントカメラは液晶パネルと一緒に破損する場合が多く、その際は画面の修理も必要となるので注意が必要です。

修理内容を見る→

水没修理

水没破損は身近で起きやすい故障原因ですが、端末に与える損傷は非常に大きく、保存したデータが失われるケースや内部の基板全体が故障してしまうケースもあります。万が一水没してしまった場合は電源をいれずに早めに修理されることをオススメします。損傷が軽微な場合はデータが取り出せる状態まで復旧できる可能性があります。

修理内容を見る→

その他/修理箇所不明

その他の修理や、故障箇所が分からない場合は最寄りの店舗にお問合せください。※修理価格は端末を拝見してからお見積もりとなります。

お急ぎの方も、さらに詳しく知りたい方も。