iPhone修理のifc
総務省登録修理業者

iPhone 6s 修理

データはそのまま、修理はその日のうちに。

端末の使用を続けてバッテリーが消耗したり、思わぬトラブルで画面が割れた場合はifcにお任せください。お客様のデータには触れずに、お持込みいただいたその日のうちに修理・お渡しいたします。また、修理には3ヶ月間の保証期間を設けております。(バッテリーのみ1ヶ月となります。)


iPhone 6s 修理項目

画面割れ修理

何らかの衝撃によって画面が割れると、タッチ操作に支障をきたすばかりか、液晶表示機能そのものが故障する恐れもあります。画面部分のみの故障であれば新しい液晶パネルと交換することで修理が可能です。画面が割れた状態でも操作が出来る場合もありますが、症状の悪化や指先の怪我を招くため、なるべく早めの修理をオススメします。

修理内容を見る→

バッテリー交換・修理

アイフォンのバッテリーは充電と放電を繰り返すと性能が劣化していき、充電できる最大容量が減少します。見かけ上の残量が100%であるにも関わらず電池の消耗が早くなったり、突然電源が落ちたりするような場合はバッテリーの交換が必要となります。また、常時稼動しているアプリの見直しや過充電を減らすことでも寿命を長持ちさせることができます。

修理内容を見る→

ホームボタン修理

ホームボタンは頻繁に利用する機能の一つです。ホーム画面に戻ったり、複数の画面を切り替えたりすることができなくなるため、一度故障すると基本的な操作を大きく妨げる要因になります。故障の原因としては、衝撃による破損や水濡れによる可動部品の腐食などが挙げられます。ボタンの交換、端子の接触の修理によって症状が改善します。

修理内容を見る→

電源ボタン修理

本体に強い衝撃がかかると、電源ボタンが陥没したり、フレームが湾曲して動作を妨げたりすることがあります。スリープモードの切り替えや電源のON/OFFが出来なくなるため、故障した場合は操作感を大きく損ねることになるでしょう。フレームの形状の調整やボタンの交換によって修理を行います。

修理内容を見る→

充電コネクタ修理

充電コネクタに差し込まれた端子を認識しなくなった場合はコネクタが故障している恐れがあります。また、端子部分に埃や塵が溜まって接触を妨げている場合もあります。基本的には部品の交換によって修理を行いますが、コネクタ周辺の清掃によって症状が改善する場合もあります。

修理内容を見る→

スピーカー修理

通話時に使用するイヤースピーカーと音楽や動画などの音声を出力するラウドスピーカーの二種類があります。イヤースピーカーは液晶パネルに接続されているため、画面の故障と併発するケースが多くなっています。スピーカー自体が壊れていれば部品の交換、接触不良が起きていれば接続部分を分解して修理を行います。

修理内容を見る→

カメラ修理

iPhoneに搭載されているカメラはフロントカメラとリアカメラの二種類があります。最も多い故障としては、リアカメラの保護レンズが割れる、コードの破損や接触不良によってカメラのピントが合わなくなる、といったものが挙げられます。また、使用しているアプリによってはカメラの故障が機能に制限をかける場合もあります。

修理内容を見る→

水没修理

水没によって基板の故障やデータの消失に遭うケースは珍しくありません。ただし、水没した後にすぐに修理を始めればデータを取り出せる状態まで復旧できる可能性があります。基板の損傷が進む場合がありますので、水没後に電源を入れることは避けましょう。

修理内容を見る→

その他/修理箇所不明

その他の修理や、故障箇所が分からない場合は最寄りの店舗にお問合せください。※修理価格は端末を拝見してからお見積もりとなります。

お急ぎの方も、さらに詳しく知りたい方も。