iPhone修理のifc
総務省登録修理業者

iPhone SE 修理

データはそのまま、修理はその日のうちに。

バッテリーの長期間の使用によって性能が劣化した際は、ifcに修理をお任せください。端末をお持ちいただいたその日のうちに修理・お渡しが可能です。また、お客様のデータに触れることはありませんので、データをそのまま使いたい場合でも安心です。画面割れやボタン、スピーカー、カメラなどのその他の不具合に関してもお気軽にお問い合わせください。


iPhone SE 修理項目

画面割れ修理

iPhoneの画面はガラスパネルとタッチ操作を認識する液晶パネルから構成されています。故障の状況によってはガラスパネルが割れていてもタッチ操作や画面表示に問題がない場合もありますが、使用を継続するとさらなる故障につながる場合があります。また、画面が割れたまま操作を続けると指先の怪我に繋がる恐れもあるため、早めの修理をオススメいたします。

修理内容を見る→

バッテリー交換・修理

内臓のリチウムイオンバッテリーには寿命があり、充電と放電を繰り返すと徐々にパフォーマンスが低下していきます。修理には新しいバッテリーの交換が必要となります。また、日頃の無駄なバッテリー消費を抑えることで寿命を長持ちさせることができます。

修理内容を見る→

ホームボタン修理

ボタンを押しても反応しなくなる、押すことが出来なくなる、押すたびに異音がする、といったケースではボタンの可動部分の修理が必要となります。また、内部のコードが断線、接触不良を起こしている場合も動作不能の原因となります。また、長期使用による経年劣化も故障につながる恐れがあります。

修理内容を見る→

電源ボタン修理

電源ボタンの故障原因としては、落下によってフレームの形状が変化してボタンの押下を妨げるケース、内部のコードが接触不良を起こして信号が滞るケース、などが挙げられます。端末本体が変形している場合は小型の電動ヤスリなどを使って整形を行いますが、損傷の度合いが大きい場合はその他の部品も故障していることがあるので注意が必要です。

修理内容を見る→

充電コネクタ修理

充電コネクタの不具合はケーブルの抜き差しによる磨耗、または埃の侵入や端子の腐蝕などによって起こります。接続部品の認識や通電は清掃によって症状が改善する場合もありますが、故障の度合いによってはコネクタの交換が必要となることもあります。

修理内容を見る→

スピーカー修理

iPhone SEには液晶パネル上部に取り付けられたイヤースピーカーと、音楽や動画などの音声を出力するためのラウドスピーカーの2種類が取り付けられています。もっとも壊れやすいのはイヤースピーカーで、落下などの衝撃によって部品内部に亀裂が発生したり、コードの断線が起きたりする場合があります。

修理内容を見る→

カメラ修理

液晶パネルに取り付けられたフロントカメラと、背面上部に取り付けられたリアカメラの2種類があります。リアカメラの保護カバーが割れたり、レンズそのものの破損によってカメラの機能が使えなくなった場合は該当箇所の修理・交換が必要となります。また、フロントカメラは液晶パネルと併せて基板に接続されているため、パネル内部の故障がカメラの機能に影響を与える場合もあります。

修理内容を見る→

水没修理

本体が水没すると内部の基板がショートしたり腐蝕が起きたりすることがあります。損傷の度合いによりますが、なるべく早く修理をすることでデータが取り出せる状態まで復旧できる可能性があります。また、水没後に電源を入れることで損傷が進行する恐れがありますので注意が必要です。

修理内容を見る→

その他/修理箇所不明

その他の修理や、故障箇所が分からない場合は最寄りの店舗にお問合せください。※修理価格は端末を拝見してからお見積もりとなります。

お急ぎの方も、さらに詳しく知りたい方も。