iPhone 7 修理

iPhone 7は2016年9月16日にiPhone 7 Plusと同時発売されました。さらに、(PRODUCT)REDが2017年3月25日に発売されました(2018年8月現在はすでに販売終了)。iPhone 8やiPhone 6sにも存在しないカラーとして、光沢と艶のある黒いボディが特徴のジェットブラックが採用されました。また、防塵・防滴機能の採用やイヤホンジャックの廃止も新しく変更された点として挙げられます。同時期にApple PayやAir Podsも発表され、普段の生活でiPhoneをさらに便利に使うことができるようになりました。

 
iPhone 7
ジェットブラック / ブラック / シルバー / ゴールド / ローズゴールド
容量 32GB 128GB
画面サイズ 4.7インチ Retina HDディスプレイ
画面解像度 1,334×750ピクセル解像度、326ppi
サイズと重量

高さ…138.3mm

幅…67.1mm

厚さ…7.1mm

重量…138g

CPU A10 Fusionチップ
カメラ解像度 12MP
バッテリー

連続通話時間 最大14時間

インターネット利用時間 最大12時間

防塵・防滴 IP67
ID認証 Touch ID
True Tone ディスプレイ 非対応
Apple Pay 対応
ワイヤレス充電 非対応
高速充電 非対応
ポートレートモード 非対応

iPhone 7 修理項目

ガラス割れ・液晶破損修理

アイフォンの画面は本体表面を覆うガラスパネルと液晶部品から構成されています。ガラス部分にひびが入ったり、液晶画面に複数の縦線が入ったりした場合、ディスプレイの修理が必要となります。

バッテリー交換・修理

スマートフォンのバッテリーは年々大容量化が図られていますが、それと同時にCPUやグラフィックの消費電力も増加しました。電力の消費を繰り返せば次第に充電できる最大容量は減っていきます。端末の快適な使用を続けるにはバッテリーの交換・修理が必要です。

ホームボタン修理

ホームボタンは名前の通りホーム画面に戻る際に使うだけではなく、Siriを呼び出したり、複数画面を切り替えたり、と使用頻度が多い部品です。経年劣化や衝撃によって破損したり操作が効かなくなったりする以外にも、アプリケーションなどのソフトウェアが動作に影響を与える場合もあります。

電源ボタン修理

物理的な破損で本体の形状が変化すると、電源ボタンが反応しない、押下できない、といった故障に繋がります。ボタンそのものが破損している場合はボタンパーツの交換、ボタン周辺の本体形状に歪みが発生している場合は該当箇所の修理・調整を行います。

充電コネクタ修理

ケーブルの差し込み口に異常があると、充電が出来ない、周辺機器を認識しない、といった問題の発生に繋がることがあります。その際はコネクタ部品の修理や内部清掃によって症状が改善します。

スピーカー修理

本体上部に位置するイヤースピーカーと、側面底部に位置するラウドスピーカーの二種類があります。防水・防塵加工がされているiPhone 7ですが、水分の侵入によって音声が小さくなったり、まったく出なくなる場合もあります。

カメラ修理

背面カメラと正面カメラの二基が搭載されています。背面カメラの保護レンズが割れたり、カメラやコードの劣化によって撮影時にピントが合わなくなったりした場合は、該当箇所の修理によって症状が改善します。

水没修理

水没や冠水による損傷を受けた場合は、電源を入れずになるべく早く修理に出すことをオススメします。時間が経てば経つほど腐食が進み、データの復旧が難しくなります。

ifcの修理では基本的にお客様のデータに触れることはありません。ただし万が一の場合に備えて事前のバックアップをオススメしております。iPhone 7の修理をお考えの際は最寄りのifc店舗までお気軽にご連絡ください。

ifcの修理では基本的にお客様のデータに触れることはありません。ただし、万が一の場合に備えて事前のバックアップをオススメしております。基本的には、端末をお預かりしたその日のうちに修理・お渡しが可能です。iPhone 7の修理をお考えの際は最寄りのifc店舗までお気軽にご連絡ください。